総合建設業 みづほ工業株式会社   ホーム 資料請求 土地・物件情報
会社概要 採用情報 サイトマップ 関連リンク 個人情報保護方針
HOP STEP JUMP マンション施工実例 マンション事業部TOP
  シミュレーションはこちら
 
 
5億円の評価額の土地にマンション経営による相続税対策を講じた場合、評価額の軽減効果はなんと50%近くまで下がる場合もあります。
 
 
遊休地にマンションを建てると、土地の固定資産税は最大6分の1、 建物に対する固定資産税も3〜5年間にわたり一定の居住部分については2分の1に軽減されます。 駐車場などへの転用よりはるかに有利。
 
 
賃貸住宅一戸当たりの面積が40m2以上240m2未満の建物を建築した場合には、建物に対する不動産取得税は固定 資産税評価額より一定額が軽減されます。略計算式={固定資産税評価額−戸数×1,200万円(最高額)}×3%
 
 
賃貸マンション経営では、建物の減価償却、借入金の金利、管理維持費などが必要経費として認められ、実収が黒字でも名目上の所得は赤字とみなされ、不動産所得税は課税されません。さらに経営者が給与所得者の場合には、給与所得からもマンション経営の経費分が差し引かれ所得税が軽減される場合もあります。
 
 
賃貸住宅を保有しているとかかる税金は?
賃貸住宅を買ったときの税金は?
 
土地活用は多種多様。ほかの土地活用と比較して、マンション経営は資産価値、経営がやさしい、収益性が高い、立地条件が選べるなど多くのメリットがあります。
  他の土地活用との比較
 
賃貸住宅市場においては、良質の物件が高い稼働率を示しており、半永久的なビジネスが営めます。
 
 
定年後の人生設計を安定させたいという理由でマンション経営を始める人も少なくありません。土地所有者にとってマンション経営は融資面での自治体のバックアップも多く、安全性の高い事業といえます。
 
 
“相続にかかわる身内のゴタゴタ”ほど悲しいことはありません。今ある土地をマンションにしておけば、相続税や贈与税を軽減できます。
 
ページTOP
>> 当サイトをご覧いただくには
Adobe Flash Playerが必要です。

みづほ工業株式会社総合建設業 みづほ工業株式会社
〒921-8064 石川県金沢市八日市5丁目562番地
TEL 076-240-7010  FAX 076-240-6620 E-mail info@mizuho-co.com
ホーム | What's new | 経営理念 | 施工実例 | メディカル事業部 | マンション事業部 | 注文住宅 | 文化・教育施設 | 商業施設 | みづほ工房