総合建設業 みづほ工業株式会社   ホーム 資料請求 土地・物件情報
会社概要 採用情報 サイトマップ 関連リンク 個人情報保護方針

太陽光発電システム

太陽光発電システムとは、太陽の光を「電気」に変える事ができるというシステムです。

オール電化住宅と非常に相性がよく、組み合わせることでそのメリットはさらに大きくなります。

太陽光発電の3大メリット

  • 光熱費削減
  • 環境に優しい
  • 災害時も安心

余剰電力買取制度 平成23年度の買取価格は42円/kWhです。

これまでは、買取価格が24円(実際に使っている電気料金と同じ単価)でしたが、2009年11月より売電価格が約2倍になりました。
この金額は、導入してから10年間は変更されません。そのため電気をたくさん作っても、余った電気はムダにはならず売電収入になります。
弊社では、あなたやあなたの家族の生活スタイルに合ったプランをご提案します。

太陽光発電システム導入補助金制度
太陽光発電を支援する補助金制度、助成金制度も用意されています。
政府が行っている1kWhのシステム導入に付き4.8万円の補助金の他、
県や市区町村単位でも環境に優しい太陽光発電システムの導入に
補助金や助成金を設けているところがあります。

詳しくは「J-PEC 太陽光発電普及拡大センター」、
金沢市「太陽光発電システム設置費補助」をご覧ください。

発電の仕組み

太陽電池を用いて太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。

太陽光発電についてお問い合わせはこちら

発電能力(発電量・効率)はどれくらい?

太陽光発電で年間消費電力の70~90%をカバーできれば、日中の電気代は十分まかなえます。

例えば親子4人の平均的なご家庭の1年の消費電力は
約4,482kWh太陽光発電でこの90%、つまり約4,000kWh発電できる能力が、選定の目安です。


1年間に4000kW近く発電できるシステムが目安。
例えば金沢市で3.68kW発電できるシステムを使用すると、年間発電量は4,009kWhとなり十分です。

●発電量は、平均日射量データとしてNEDO/(財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」の値を用い、システムの各損失を考慮して算出したもの
です。気象条件や設置条件などにより、実際の発電量と異なる場合があります。目安としてご参照ください。
●影や積雪の影響は考慮しておりませんので、ご了承ください。
●シミュレーションに使用したシステムの各損失
・温度差による損失(hitシリーズの場合):6%(12~2月)、9%(3~5月、9~11月)、12%(6~8月)、
・温度差による損失(多結晶シリーズの場合):10%(12~2月)、15%(3~5月、9~11月)、20%(6~8月)、
・パワーコンディショナの損失:5.5%
・その他の損失:5%

売電について

家庭内で使い切れない電機は電力会社が買い取り、電気代の大幅な節約が期待できます。

屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。
(そのため、太陽電池モジュールはなるべく太陽光が強く、長く当たる環境に置くことが望ましいです。)この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。
パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、ご家庭内の電気器具で利用することができます。また、分電盤と電力量計を通じて自動的に電気を買ったり売ったりすることができます。昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
そこで、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。これが経済的と言われる理由です。

1日の電力使用量/電気料金

太陽光発電についてお問い合わせはこちら
世界最高水準の発電力!!
 
>> 当サイトをご覧いただくには
Adobe Flash Playerが必要です。

みづほ工業株式会社総合建設業 みづほ工業株式会社
〒921-8031 石川県金沢市野町3丁目1番11号
TEL 076-242-1246  FAX 076-242-3800 E-mail info@mizuho-co.com
ホーム | What's new | 経営理念 | 施工実例 | メディカル事業部 | マンション事業部 | 注文住宅 | 文化・教育施設 | 商業施設 | みづほ工房