総合建設業 みづほ工業株式会社   ホーム 資料請求 土地・物件情報
会社概要 採用情報 サイトマップ 関連リンク 個人情報保護方針
メディカルTOP
システム
プロセス
リフォーム
メリット
会員ログインはこちら
 
メディカルNEWS
2011年11月号-2
介護3施設の多床室に室料負担導入を提案
〜厚労省、個室利用者の負担軽減原資として
 厚生労働省は10日の社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長=大森彌・東大名誉教授)の会合で、2012年度介護報酬改定で特別養護老人ホーム(特養)など介護保険3施設の多床室利用者から室料の自己負担を求めることを提案した。介護保険施設の個室化推進が狙いで、これで捻出した財源によってユニット型個室利用者の負担軽減を図る方針。
 厚労省の提案によると、多床室利用者が負担する室料は、施設の減価償却費分のうち共用スペースを除いた居室部分に相当する金額。特養では8000円程度が想定されているが、低所得者の利用者に対しては「配慮」する。これで捻出した財源は、第3段階(市町村民税世帯非課税、本人の年金収入が80万円超211万円未満)のユニット型個室利用者の負担を軽減するための原資とする。特養だけでなく、介護老人保健施設、介護療養型医療施設でも同様の対応を取る方針だ。
 また厚労省は、特養の定員規模別の報酬体系を導入することも提案した。現在一律に設定されている定員31人以上の施設の介護報酬を「31−50人」「51−80人」「81人以上」の3区分に再編し、報酬を引き下げる場合に傾斜を付ける方針。これと併せて要介護度別の報酬についても必要な見直しを行う。
 さらに、12年度以降に新設する特養多床室の介護報酬を減額する案も示した。地方分権一括法の成立で、12年4月からは自治体が独自に特養の居室定員を定められるようになるため、厚労省はこれまでに居室定員基準を「4人以下」から「1人」に見直す省令改正を行っている。このため、減額の対象になるのは定員2人以上の施設となる。
 このほかの論点としては、▽特養での看取り機能を強化するため、外部の医師によるターミナルケアを推進する▽社会福祉法人が低所得者の利用者負担を軽減する「社会福祉法人減免制度」(社福減免)を推進する―ことも示した。
 意見交換で村上勝彦委員(全国老人福祉施設協議会総務・組織委員長)は、多床室利用者からの室料徴収、新設多床室の報酬減額、定員規模別の報酬設定への反対を表明。齊藤秀樹委員(全国老人クラブ連合会理事・事務局長)は、多床室利用者から徴収した室料をユニット型個室利用者の負担軽減に充てる提案について「おかゆを食べている人から料金をちょうだいして、普通食を食べる人に補てんするようなもの」と批判した。
 新設の特養多床室の報酬を減額する提案に対しては、大西秀人委員(全国市長会介護保険対策特別委員長、高松市長)が「ペナルティー的なものになると、『参酌する基準』とされたものが実質的に『従うべき基準』になりかねない。慎重に検討すべき」とした。一方で、小林剛委員(全国健康保険協会理事長)は「個室ユニット化を推進しているため、メリハリを付ける観点でやむを得ないのではないか」と述べた。

■口腔機能維持管理加算など要件緩和

 また、厚労省は同日の会合で、介護保険3施設の入所者に対する口腔・栄養関連の加算要件を緩和する方針を提示した。具体的には、▽歯科衛生士が介護保険施設の介護職員に対して口腔ケアに関する助言や指導を行っている場合に算定できる口腔機能維持管理加算(30単位/月)について、歯科衛生士が入所者に週1回以上の口腔ケアを行った場合も算定できるよう見直す▽医師の指示に基づいて計画を作成し、口から食事するための特別な管理を行った場合に算定できる経口維持加算(1が28単位/日、2が5単位/日)について、医師と連携した歯科医師の指示でも算定できるよう見直す―など。

2011年11月号-1
調剤ポイント付与、原則禁止へ
〜中医協
保険薬局がポイントカードを発行し、保険調剤の一部負担金を患者が支払う際にポイントを提供するサービスをめぐる問題に関して、中央社会保険医療協議会(中医協、会長=森田朗・東大大学院教授)は11月2日の総会で、ポイントカードによるポイント付与を原則禁止するため、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」を改正することを了承した。来年4月1日に施行する見通し。
一方、クレジットカードなどで支払った際に生じるポイントの付与については、「(クレジットカードなどが)患者の支払いの利便性向上が目的であること」などを理由に認めることにした。
委員からは、「提案を速やかに執行されるようお願いしたい」(三浦洋嗣委員・日本薬剤師会常務理事)、「規則を作ると、それをくぐりぬけるような新たな手法が出てくるのが世の常かもしれないが、事務局は規則や法を作った精神を大事にして、きちっと運用してほしい」(白川修二委員・健康保険組合連合会専務理事)などの声が上がった。
同問題をめぐっては、厚生労働省が今年1月、患者の保険薬局選択は、ポイントを付与することなどによる経済的付加価値ではなく、「保険薬局が懇切丁寧に保険調剤を担当し、保険薬剤師が調剤、薬学的管理及び服薬指導の質を高めることでなされるべき」などとする通知を地方厚生局などに出していた。
しかし、10月12日の総会で三浦委員が、「ポイントサービスが、あたかも薬局の間で定着したかのような報道が一部あった」などと指摘し、通知後もポイントサービスが行われている現状を問題視。同省の吉田易範薬剤管理官も「事実とすれば好ましくない状況」と述べていた。

2018年02月の記事を見る
2017年08月の記事を見る
2017年03月の記事を見る
2017年02月の記事を見る
2017年01月の記事を見る
2016年12月の記事を見る
2016年11月の記事を見る
2016年10月の記事を見る
2016年09月の記事を見る
2016年08月の記事を見る
2016年07月の記事を見る
2016年06月の記事を見る
2016年05月の記事を見る
2016年04月の記事を見る
2016年03月の記事を見る
2016年02月の記事を見る
2015年11月の記事を見る
2013年10月の記事を見る
2013年09月の記事を見る
2013年08月の記事を見る
2013年07月の記事を見る
2013年06月の記事を見る
2013年05月の記事を見る
2013年04月の記事を見る
2013年03月の記事を見る
2013年02月の記事を見る
2013年01月の記事を見る
2012年12月の記事を見る
2012年11月の記事を見る
2012年10月の記事を見る
2012年09月の記事を見る
2012年08月の記事を見る
2012年07月の記事を見る
2012年06月の記事を見る
2012年05月の記事を見る
2012年04月の記事を見る
2012年03月の記事を見る
2012年02月の記事を見る
2012年01月の記事を見る
2011年12月の記事を見る
2011年11月の記事を見る
2011年10月の記事を見る
2011年09月の記事を見る
2011年08月の記事を見る
2011年07月の記事を見る
2011年06月の記事を見る
2011年05月の記事を見る
2011年04月の記事を見る
2011年03月の記事を見る
2011年02月の記事を見る
2011年01月の記事を見る
2010年12月の記事を見る
2010年11月の記事を見る
2010年03月の記事を見る
2010年02月の記事を見る
2009年10月の記事を見る
2009年09月の記事を見る
2009年08月の記事を見る
2009年07月の記事を見る
2009年06月の記事を見る
2009年05月の記事を見る
2009年04月の記事を見る
2009年03月の記事を見る
2009年02月の記事を見る
2009年01月の記事を見る
2008年11月の記事を見る
2008年10月の記事を見る
2008年08月の記事を見る
2008年06月の記事を見る
2008年05月の記事を見る
2008年04月の記事を見る
2008年03月の記事を見る
2008年02月の記事を見る
2008年01月の記事を見る
2007年12月の記事を見る
2007年11月の記事を見る
2007年10月の記事を見る
2007年09月の記事を見る
2007年08月の記事を見る
2007年07月の記事を見る
2007年06月の記事を見る
2007年05月の記事を見る
2007年04月の記事を見る
2007年03月の記事を見る
2007年02月の記事を見る
2007年01月の記事を見る
2006年12月の記事を見る
2006年11月の記事を見る
2006年10月の記事を見る
2006年09月の記事を見る
2006年08月の記事を見る
2006年07月の記事を見る
2006年06月の記事を見る
2006年05月の記事を見る
2006年04月の記事を見る
2006年03月の記事を見る
2006年02月の記事を見る
2006年01月の記事を見る

 
TOP医院開業支援システム診療圏調査、医院建築プロセ ス医院リフォームの建築・設計医院開業支援のメリット医療物件施工実例News会員
>> 当サイトをご覧いただくには
Adobe Flash Playerが必要です。

みづほ工業株式会社総合建設業 みづほ工業株式会社
〒921-8064 石川県金沢市八日市5丁目562番地
TEL 076-240-7010  FAX 076-240-6620 E-mail info@mizuho-co.com
ホーム | What's new | 経営理念 | 施工実例 | メディカル事業部 | マンション事業部 | 注文住宅 | 文化・教育施設 | 商業施設 | みづほ工房